© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

21.02.2020

このぐらいなら出来る。

このぐらいならガマン出来る。

このぐらいなら、そんな手はかからない。

このぐらいなら、少しの時間で出来る。

 

このぐらいなら

このぐらいなら

このぐらいなら

リボ払いを繰り返したときのように積もって

毎月の限界を超えてしまいます。

 

「ちょっとガマンすれば出来る」

「ちょっと頑張れば出来る」

それらを、

「出来るけどやらない」

 

ことも大切だと思うのです。

足し算ばっかで、

動けなくなるからです。

あなたがやるから、

他の人は動かないんだし、

あなたがやるから、

他のひとはあなたに仕事を持ってきます。

あなたが、やらなくていい

少しぐらい、冷たい人...

21.02.2020

ただ、聞いて欲しいだけ。

アドバイスなんていらない。

解決策なんていらない。

よく言われます。

私もそう思うときあります。

「それはあなたの○○が○○してるからじゃない?」

とか言われたくない。

それは、

言い換えると、

「ただ、わかって 欲しい    だけ」だからです。

自分が誰かに何かを伝えたい時、

自分が誰かに何かを話したい時、

悲しい時、

腹が立った時、

もやもやした時、

楽しい時、

嬉しい時、

「ただ、伝えたい」

「ただ、聞いて欲しい」

それは、

「わかって欲しい」

「同意して欲しい」

「共感して欲しい」

そして、

「ただ、分かち合いたい」

だけなのかもしれませ...

21.02.2020

ゲームばかりしてたら、

勉強しなさいと言われて、

勉強ばっかりしてたら、

外に出て運動しなさいと言われて、

野球ばっかりしてたら、

勉強しなさいと言われて、

お金儲けしてたら、

ボランティアしなさい、

ボランティアばからしてたら、

金にならんことばかりしてないでちゃんとお金貰いなさい、

ケンカばっかりしてたら、

仲良くしなさい、

仲良くしてていじめられたら、

やり返しなさいと言われる。

それ「ばっかり」じゃ、

ダメなのか?

そればっかりしてたひとが、

ひとかどの人物になります。

そればっかりを禁止された人が、

人生を見失います。

好きなことばっかり、の人生が

我慢ばっかり、...

18.02.2020

喜ばれるのが好き。

○○が喜んでくれるから。

○○の悲しい顔が見たくないから。

みんなが期待して待ってるから。

 

そんな「言い分」の裏に、

どれだけの罪悪感があるのでしょうか。

 

そして、

罪悪感の少ない人の同じセリフとの違いがあります。

 

誰かの為にの闇です。

 

人の為に、と書いて偽り。

とは、

読まないらしいです。

あれは、

象の横にひとが立ってる姿です。

人が象を手懐けてる姿です。

本質ではなく、

上部だけを変えようとする姿です。

だから、偽りです。

そういう意味では、

くしくも「あなたの為に」は偽り、

というのと同じになってきます。

「喜ばれるのが好き」から。

「私が...

17.02.2020

次のステージに行くということは、

いまの自分が死んで次の自分に生まれ変わるということです。

 

進化するということではなく、

まったく別のものになるということかもしれません。

 

氷が、水になるように、

水が、蒸発して空気になるように、 

空気が、水(雨)になるように。

 

氷が、氷を保ったまま水になれないように、

水が、液体のまま空気になれないように、

空気が、見えないまま、水になれないように。

イモムシがサナギになり、

やがて蝶になるように。

なにかを足し算して

何者かに成っていくのではなく、

いま、のカタチを棄てて、

 

なにかを経験して、

「素材」は同じものだけど...

17.02.2020

いいひと やめますか

それとも

自分 やめますか

昔あったコピーで、

覚醒剤やめますか 

それとも

人間 やめますか。

とありましたが、

 

いいひと「してる」「してしまう」てことは

「本当」は隠した、ってことです。

それは、

「自分」を隠した、ってことです。

いいひと、って、

麻薬みたいにやめられないものです。

いいひとしてたら、

愛されたりしたら、

もう、やめられないです。

だから、

やめるには、

 結構リハビリが必要になります。

自分を、生きましょう。

自分で、生きましょう。

以上。

神鷹のコラムでした。

17.02.2020

本当の問題解決とは、

その恐れていることは問題では無い、

と知ることです。

特に、

病気やお金がないなどの痛みや苦しみも、

それは「そもそもの恐れ」を

増幅するために作り出したものだから、

その「そもそもの恐れ」を、

「回避するための行動」を、

何年も取り続けた結果の、

お金や健康の問題(ダミー)だったりするからです。

その、

根っこの「そもそもの恐れ」は、

恐れる必要はないと「知る」ことが、

 

「本当の問題解決」になります。

だから私は、

目の前の問題の対処は重要視しないのです。

目の前の問題は、

根っこの問題を見つけるための

ただのヒントだからです。

大丈夫です。

以上...

17.02.2020

「成長」とは、

何かが「できるようになる」ことではなく、

あきらめているものや不可能と思いこんでいるものが、

「できてもいい」という、

可能性の高さと、

できないもの、

ダメだといわれるものが、

「できなくてもいい」という、

許容の広さです。

それを広げていくことです。

これが、心の、

「禁止」「命令」「戦い」を終わらせることです。

私の思う成長、とは、

つまり「自由度」が上がっていくこと。

つまり 心の「可動域」を広げていくこと。

結果的に、そのほうが、

豊かさも増していく。

それは、あきらかに成長です。

以上。

神鷹のコラムでした。

15.02.2020

次のステージに行くということは、

いまのぬるま湯を抜け出すということであり、

 

「今までの自分」 

「いい人してた自分」 

「お山の大将でいた自分」

「愚痴を言い合っていた仲間」

として付き合いのあった人たちから、

嫌われ、

叩かれて離れるリスクを背負い、

今までの鎧と、

得たものを捨てて、

ひとり旅立つ、

ということでもあります。

同時にこれは、

「素晴らしいものを提供すること」をも

終えるということでもあるのです。

でも、

無理にそうする必要はない。

今のままで十分幸せなのなら。

それでいいと思うのです。

 

例えば、

ガラケーからスマホに乗り換える。

新機種にする。

車を乗...

14.02.2020

人生を変えるとは、

どうすることなんでしょうか。

それは、簡単に言うと、

「信じてきたことを変えること」

 ではないでしょうか。

信じてきたことを、

もう信じない。

そして、新しいことを、

信じるということ。

 

それは、

「自分は、傷ついても、失っても大丈夫」

「自分は、失敗しても価値は変わらない」

「自分は、嫌われても愛されている」

そう、信じること。

 

逆に、

「自分は、失ったり、傷ついたらもう終わりだ」

「自分は、失敗したら価値がない、捨てられる」

「自分は、嫌われて愛されない」

という信じていることを「やめてみよう」と、

信じられなくても行動することを、

「勇気」...

Please reload